H妹とド変態せっくすな日常ってありなの?

妹がいない友達に「妹がいる」というと、大抵の場合は羨ましがられます。
しかし、現実的には妹なんてそんなにいい物ではありません。

小さいころから知っているので、女というよりうっとおしい存在ですし、妹の方もそう思っているらしく態度が極端に悪いのです。
大体の場合、よくてお互いに無視、悪い場合はケンカばかりです。

しかし、H妹とど変態せっくすの日常では、妹のナズナが兄である主人子のことが大好きという非常に稀な設定になっています。
どのくらい稀かというと、庭を掘ったら石油が出てきたというレベルです笑

しかし、庭を掘ったら財宝が出てきたという話が本当にあるように、お兄ちゃんラブラブな妹の存在も決して幻ではありません。
しかもナズナはH妹という類稀な存在です。
もはや漫画の中でしかお目にかかれないかもしれないレアな子ですが、やっぱりそういう子は可愛いのです。

ナズナは主人公のことが好きすぎてどんなことでも言うことを聞きます。
実際の兄妹だったら、バットで殴られるかもしれない命令も悦んで受け入れてくれるまさに女神と言っていい存在でしょう。
そしてナズナはどんな命令でも受け止めてくれるだけではなく、だんだん”その方向”へ染まっていきます。
最初のうちはかなり控えめだったのですが、どんどんエロくなって行くナズナ。

ある程度進むと自分のことをブタと呼ぶほどになってしまいます。
まさにタイトル通りど変態せっくすが日常的に繰り広げられます。
これがいいことなのか悪いことなのかは判断が分かれるところですが、ナズナほどレアな子ならこれもありかもと思って今います。

何故なら、女神レベルの子が従順に言うことを聞いてくれるのは見ていて萌えます。
せめて物語の中だでも可愛い子が従順になるのを見るのは心地よいものです。
そんな読み手の心の声に応えてくれるかの如く、どんどん変態な命令を出してくる主人公。
H妹とド変態せっくすな日常は全然アリだと思います。
こんなカワイイ妹がいたら、絶対やってみたくなってしまいますよね。